プロポリスの様々な抽出法

おまかせ!プロポリス

サプリの選び方を丁寧にガイド♪

メインイメージ

プロポリスの様々な抽出法

1.プロポリスには様々な抽出方法が存在

プロポリスは採取された原塊のままの形では飲めません。
製品として販売するためには、抽出過程を経て原液へと姿を変えなければなりません。
この抽出方法によって、プロポリス原液に含まれる栄養素が違ってきます。
この記事では、プロポリスの様々な抽出法やそれぞれの特徴についてご紹介します。

2.4つの主な抽出法

ミツバチの巣から採取されたプロポリスは、ごろごろとした樹脂状の塊をしています。
この状態のプロポリスには樹脂成分やワックスが多く含まれており、このままでは利用できないため、何らかの方法で有効成分のエキスを抽出する必要があります。
主要なプロポリスの抽出法は、アルコール抽出法、水抽出法、超臨界抽出法、ミセル化抽出法の4つです。

2-1.アルコール抽出法

アルコール抽出法は、一番古くからあるポピュラーな抽出法です。
プロポリスの栄養成分のほとんどは油溶性なので、アルコールを使うことで効果的に抽出することができます。
特に、プロポリスの薬効成分のひとつフラボノイドを抽出するには、アルコールが有効であることがメリットです。
また、アルコール自体が消毒などに使われるものなので、添加物を入れなくても品質の保持が可能です。
アルコールを使った抽出では、苦味や辛味を持っているフラボノイドに加え、プロポリスのワックス成分なども多く抽出されます。
加えてアルコール自体に独特の臭いや刺激があるため、飲みやすさでは他の抽出方法に劣ってしまいます。
良薬口に苦しというわけです。

2-2.水抽出法

水を使ってプロポリスの栄養を抽出するのが水抽出法です。
アルコールには溶けない水溶性の栄養素を抽出するのに適しており、そのうえ樹脂成分やワックスが混じらないため飲みやすいというメリットがあります。
その反面、フラボノイドをはじめ重要な脂溶性の栄養素を抽出することが難しくなります。
さらに、カビや腐敗対策が必要というデメリットもあります。
水抽出されたプロポリスは、それ自身がメインというより、アルコール抽出のプロポリスに水溶性の栄養素を補う目的で利用されることもあります。

2-3.超臨界抽出法

超臨界抽出法は、高圧・高温化の超臨界状態の中でプロポリスの有効成分を抽出する方法です。
特にテルペンという成分を抽出するのに長けていて、フラボノイドも抽出することができます。
二酸化炭素を使って超臨界状態を作る方法がメジャーなようです。
他の抽出方法に比べて新しい技術や設備が必要なため、コストがかかる傾向にあります。

2-4.ミセル化抽出法

水とグリセリンを使い乳化(ミセル化)させることで、水溶性の栄養素と油溶性の栄養素をどちらも抽出できるのがミセル化抽出法です。
アルコールを用いないため、アルコール抽出法に比べると飲みやすいようです。
しかし、抽出の過程で乳化剤や保存料などの添加物を使わなくてはいけないのがデメリットです。

3.それぞれのメリットとデメリットを知ろう

プロポリス原液ができるまでには、いくつかの抽出法が存在します。
それぞれの抽出法にはメリット・デメリットが存在するので、自分のニーズあった抽出法を選ぶようにしましょう。
同じ抽出法であっても、メーカーごとに細かい抽出方法が異なるため、比較の際は注意してください。







体験談で選ぶ

バナー

その他の人気商品

  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • 赤水晶
  • ハニーラボスキンケア
  • プロポデンタルEX

プロポリスについて