プロポリス配合の点眼剤でものもらいの治療

おまかせ!プロポリス

サプリの選び方を丁寧にガイド♪

メインイメージ

プロポリス配合の点眼剤でものもらいの治療

ものもらいは目の病気のひとつで、目の周りが腫れたり膿んだりといった症状があります。
原因は様々ですが、生活の乱れやコンタクトレンズの誤った使用が原因として挙げられます。
この記事では、そんなものもらいの治療とプロポリスの関係をご紹介します。

1.ものもらいは目のまわりにできる腫瘍

ものもらいは俗称で、医学的には霰粒腫(さんりゅうしゅ)もしくは麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と呼ばれる病気です。
霰粒腫はマイボーム腺という目の器官の出口が詰まることによる腫瘍で、まぶたの腫れや異物感が特徴です。
細菌によるものではなく、生活習慣や疲労などが原因だと考えられています。
一方麦粒腫は、皮膚の常在菌に感染して起こる病気で、赤みがあるのが特徴です。
他にもかゆみや痛み、膿が発生します。

2.多くの健康効果が期待されるプロポリス

プロポリスは、木の樹液などを材料にミツバチが作り出す天然の物質で、強い抗菌作用があることが古くから知られていました。
風邪やインフルエンザなどの流行性感染症、細菌性の皮膚病などに効果が期待されます。
さらに、抗炎症作用、抗腫瘍作用、痛み止めやかゆみ止めの作用、麻酔作用、ストレス軽減作用、抗酸化作用など、挙げればキリがないほど沢山の効果を持っているとされています。
このような多くの効果の中には、ものもらいの治療に役に立つものが多くあります。

3.プロポリスの栄養素が霰粒腫にアプローチ

霰粒腫は、栄養バランスの乱れやホルモンの影響、蓄積した疲労などの生活習慣が原因だとされています。
プロポリスには数百種類もの栄養素が含まれていて、栄養補給や疲労回復、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。
また、桂皮酸誘導体などの成分による抗腫瘍作用や抗炎症作用により、悪化を抑えることもできると考えられます。
大きくなると手術が必要になる場合もあるため、そうなる前にプロポリスを使うのが良いでしょう。

4.プロポリスは麦粒腫の原因菌を撃退する

プロポリスは「天然の抗生物質」と呼ばれるほど強い抗菌作用を持っており、主に細菌が原因で起こる麦粒腫タイプのものもらいにも効果が期待できます。
特に、原因菌のひとつで皮膚の常在菌でもある黄色ブドウ球菌に対しては、プロポリスの殺菌効果が実験によって明らかにされています。
また、プロポリスは免疫強化作用があるとされており、細菌に負けないような身体づくりをサポートしてくれるのです。
プロポリスはものもらいに効果的と考えられます。
目に異常を感じたら、速やかに眼科を受信し、もしものもらいだと発覚したら、プロポリス配合の点眼剤を使いたいと医師や薬剤師に相談してみましょう。
また、そもそもものもらいにならない身体づくりのためにも、プロポリスはおすすめの健康食品です。







体験談で選ぶ

バナー

その他の人気商品

  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • 赤水晶
  • ハニーラボスキンケア
  • プロポデンタルEX

プロポリスについて