おまかせ!プロポリス

サプリの選び方を丁寧にガイド♪

メインイメージ

プロポリスの好転反応と副作用の違いは?

プロポリスには好転反応と副作用というものが存在します。
一見するとどちらがどちらだかわからないものです。

プロポリスを初めて使用される方は、一気に量を摂取するのではなく、少しずつ少しずつ摂取されると良いでしょう。
その過程では、副作用か好転反応かわかりずらい反応が表れるときがあります。

まずは、好転反応について。
好転反応とは、薬を新しく飲み始めた際に、体の中で起こる変化が表面、ないし中で行われることを指します。
体調が悪化したり、湿疹が出たりというのが一般的な症状のようです。

また、だるい、眠いといった症状や、発熱、下痢、痛み、鼻水が酷くなったという報告もあります。
これら好転反応は副作用とは全く違うものになります。
体が良い方向へ向かっているしるしです。

出やすい人の特徴としては、糖分や刺激物を多く摂取されている方や、老廃物の多い方。
逆に出にくい人は、きちんと食生活をしていたり、日頃適度な運動をされていると人です。

好転反応と思われるものが起きたら、いったん摂取を中断して様子を見るか、飲む量を減らしてみてください。
あまりにも酷いときには、お医者さんに相談してみるのも良いかもしれません。

一方で副作用についてです。
これは完全にプロポリスが体に合っていないときに起こる症状で、どちらかといえばアレルギー症状に近いものとなります。
喘息の方や蜂アレルギー体質の方は控えるか、量を減らしながら摂取してください。

またこのほか、体の状態にも左右されます。
体調が酷く悪いときに一気に摂取するのは危険です。
プロポリスは薬とは違い、健康食品ですので、病気になったからといってすぐ治せるわけではありません。
あくまで予防の一環として使用するようにしましょう。

継続して摂取していくことが大切です。
1ヵ月、2ヶ月と様子を見てみて、半年、1年と続けていくようにしましょう。
きちんと続けていけば、いまより快適な生活が待っています。
頑張りましょう。






体験談で選ぶ

バナー

その他の人気商品

  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • 赤水晶
  • ハニーラボスキンケア
  • プロポデンタルEX