おまかせ!プロポリス

サプリの選び方を丁寧にガイド♪

メインイメージ

バイオリンにも使われていたプロポリス

1.バイオリンとプロポリス

プロポリスは、ミツバチが巣を守るために作る樹脂状の補強材。
天然の抗生物質と呼ばれ、様々な健康効果を持つプロポリスですが、人類はバイオリン作りにおいても活用してきました。
この記事では、そんなバイオリンとプロポリスの秘密に迫ります。

2.プロポリスとは

プロポリスは、植物の樹液や新芽などをもとに作られるもので、ミツバチの巣の隙間を埋めて防御性を高めるために用いられています。
プロポリスには強い抗菌作用があり、その働きに注目して、現在では主に健康食品として利用されています。
プロポリスは暗い褐色をしていますが、中には緑のものや赤いものも存在します。

3.バイオリンのつや出しにプロポリス

オーケストラの主要楽器である弦楽器のバイオリンは、16世紀後半に完成した木を原料にした楽器で、ツヤツヤとした光沢のある美しいボディをしています。
プロポリスはこのバイオリンのツヤ出しのニスとしても使われていました。
あの名器ストラディバリウスにもプロポリスが使われていたという説もあります。
あのような美しいつやをもたらすプロポリスですが、実は他にもバイオリン作りに用いられた理由がありそうです。

4.プロポリスを使う意味

バイオリンは非常に繊細な楽器で、製造の際にはわずかなズレや隙間も許されません。
湿気により木が膨張したり、逆に乾燥によって縮んだりするだけでも音に影響を与えてしまいます。
プロポリスはミツバチが巣の隙間を埋めるのにも使っており、高い密閉性をもつ物質です。
プロポリスを表面に塗ることで、見た目の良さだけでなく、材質の安定性も兼ね備えたバイオリンを作ることができるのです。

5.防腐剤としてのプロポリス

当時からすでにプロポリスの薬効は知られていました。
古代エジプトでミイラが腐らないように使われていたプロポリスは、民間薬としても有名だったのです。
プロポリスには、単なるつや出し効果だけでなく、防腐剤や抗菌剤としての役割も期待できるため、当時の製作者はバイオリン作りにも適していると考えたのでしょう。

天然の抗生物質とも呼ばれる健康食品プロポリスは、バイオリンのつや出しのニスとして利用されています。
プロポリスには優れた腐敗防止や抗菌作用があるため、バイオリンの品質保持に役立ちます。
数百年前に作られたバイオリンが今も現役で活躍できるのは、プロポリスのおかげかもしれません。







体験談で選ぶ

バナー

その他の人気商品

  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • 赤水晶
  • ハニーラボスキンケア
  • プロポデンタルEX

プロポリスについて